MEO対策のやり方

MEO対策(ローカルSEO)のプロによる、店舗や企業広報担当者必見のMEO(GoogleMap)対策業者を比較しました。メリット・デメリット、特徴や評判などを軸に徹底分析。MEO対策、webマーケティング初心者向けコンテンツ, 総合ランキングなど

MEO対策で重要なキーワードの選び方【GoogleMap上位を取る方法】

ãä¸çã®å§ã¾ããæããã¨ã¿ã¼ãã«ãªå¤æ¥ä¸çã®å§ã¾ããæããã¨ã¿ã¼ãã«ãªå¤æ¥ãã®ããªã¼åçç´ æãæ¡å¤§

Google Mapで上位を取るためのキーワードは何を狙ったらいいんだろう」

「どんなグーグルビジネスの店舗名や説明文にするべきなんだろう」

とお悩みの方はいませんか?

 

MEO対策をする上でキーワードの選択は非常に重要です。

「どんな検索ワードで上位を狙うのか」を決めておかなければ、当然それに伴った結果も出てきません。

 

偶然ではなく、自分自身の力でGoogleMap上で上位を勝ち取るためにできることをお教えしたいと思います。

狙うべきキーワードの種類

実は私たちがMEO施策で狙うべきキーワードというのは2種類あります。

ひとつが「ビッグキーワード」。そしてもうひとつが「ミドルキーワード」です。

ビッグキーワードとは?絶大な集客効果が期待

ビッグキーワードとは、検索される回数の多い検索語句です。

(例)

「新宿 居酒屋」

「歌舞伎町 キャバクラ」

「渋谷 カフェ」

検索される回数が多いということは、それだけ多くの人がそのキーワードから集客を期待することができます。

上記のようなキーワードは、毎月10万回程度検索されているようです。

GoogleMapで検索している人は、かなり店舗へ行きたい欲求が強いので、10%程度が実際に訪れると考えても、毎月約1万人程度がこれまでよりも訪れる可能性があります。

たとえ、1%として1000人が訪れる場合にでも、単価5000円として考えれば、500万円もの売上に直結する効果となります。

ビッグキーワードの弱点

一方、デメリットともいえるものは、競合が非常に多いことです。

当然ですが、上記のようなキーワードで上位を取ることは並大抵のことではありませんし、通常かけられる程度のMEO対策はどの店舗も行なっていると思います。

また、MEO対策で重要なのは継続力です。逆に言えば、他のコンテンツがこれまで上位のコンテンツを覆すということは非常に難しいのです。

SEO対策でも「Googleは昔からあるホームページを高く評価している」というのは常識であり、後発のまったく新しいサイトが覆すのはほとんど不可能です。

例えば、ホットペッパービューティーを覆すようなウェブサイトが生まれていないのと同じで、どれだけ資金や規模があっても、レッドオーシャン市場で後発者が追いつくのは並大抵のことではありません。

ミドルキーワードについて

私がオススメするのは「ミドルキーワード」です。

「ミドルキーワード」とは、それほど検索語句として大きな規模はないけれど、確実に集客効果がある、そこそこ検索されているキーワードです。

(例)

「西新宿 安い居酒屋」

「歌舞伎町 おすすめ キャバクラ」

 「渋谷 カフェ 電源」など

 

こういった検索回数は減るけれど、確実に検索されているキーワードで圧倒的1位をとることで、実はビッグキーワードで10位などになるよりは集客効果が高くなります。

 

実際の探し方としては 、以下のようにGoogleで実際に検索してみると、どのようなキーワードが関連して検索されているか?がわかりますよ。

こちらをベースに実際にGoogleMapでも検索し、競合が弱いキーワード市場で戦うようにしたほうが短期的に効果が出やすいです。(そして口コミ件数がストックされるとビッグキーワードも狙えてきます)

f:id:yuhei0906:20181101004338p:plain

 

おすすめのキーワードを意識した内容にする

こういった検索されているキーワードを狙っていくにはどのようにすれば良いでしょうか。

ひとつはグーグルビジネスのビジネス紹介に、上記のようなキーワードを織り交ぜて書くことが重要になります。

もうひとつの施策としては、実際の口コミの中に上記のようなキーワードを混ぜて記入してもらうことが重要になります。

 

実際の例を見てみるとよくわかります。

「渋谷 カフェ 電源」で検索した際に、上位表示される2つのカフェがあります。

f:id:yuhei0906:20181101004801p:plain

 

それぞれ、「電源」というキーワードが、1位のフリーマンカフェの場合には「口コミ」に、2位の楽天カフェの場合には「グーグルビジネス説明欄」に書いてあります。

これはあくまでも文字情報であることに注意してください。例えば、グーグルマイビジネスから「電源使えます!」と書かれた画像が上がっていたとしても、グーグルは正しく認識することができません。

 

そして上記のような施策をしっかり行えば、「渋谷 カフェ 電源」というキーワードで検索した際には、上位表示が確保されています。

(まあ・・・ちょっとエリア的に激戦区ではあるので、このミドルキーワードでも、口コミ数は2-300ないと勝負にならなさそうですが。)

 

(余談)最適な1ヶ月の口コミ件数について

「2-300件の口コミ」というところについて、もう少しお話しておきましょう。

この件数の口コミが、正当にGoogleに認められるには、通常最低でも1年〜2,3年かけてつけていく必要があります。

1日に1件コンスタントに口コミされるということはありえないので、2,3日もしくは1週間に1件程度が最適な口コミの件数だと思います。

なので、1ヶ月には多くても10件~15件程度の口コミを追加できるのがMAXであり、これはステルスマーケティングなどしなくてもお客様にお願いできるレベルだと思います。

あくまでもGoogleは自然であることを好みますので、無理に口コミの購入などはしないで、実際のお客様からの口コミを集めることを意識的に行いましょう。

(例えば、遠方・海外のgoogleアカウントが大量に口コミを書いていたりするのも不自然としてペナルティを食らったりします)

 

このあたりは、以下の記事でも詳しく説明しているので読んで見てください。

自分でMEO対策はペナルティ危険あり?初心者で出来る事と出来ない事

最後に

さて、今回はMEO対策に重要なキーワード選定方法として要点が3つあります。

・ビッグキーワードよりミドルキーワードを狙う。

・「狙う」とは、グーグルビジネスの説明や口コミに記載する。

・口コミはあくまで自然なものを(100回目)

 以上の点について意識して見てください。

 

もちろん「ビッグキーワード」ががら空きの場合はそれを取るべきですので全力で狙ってください。特に地方では、正直1ヶ月もあれば1位をとれそうなキーワードがゴロゴロしています。

 

案外かなり検索されているビッグキーワードの上位が弱い場合もまだまだ2018年でもありますので、色々とキーワードを探して見てください。

 

また以下、MEO初心者の方向けの記事なので読んでみてください。

 

meo-hikaku.hatenadiary.jp