MEO対策のやり方

MEO対策(ローカルSEO)のプロによる、店舗や企業広報担当者必見のMEO(GoogleMap)対策業者を比較しました。メリット・デメリット、特徴や評判などを軸に徹底分析。MEO対策、webマーケティング初心者向けコンテンツ, 総合ランキングなど

【2019年5月版】日本版Googleアップデート一覧と対策まとめ

こんにちは。

メモ書き程度に以下、個人的に対応したことを記しておきます。

f:id:yuhei0906:20190526231142p:plain



検索ユーザーに最新のエクスペリエンスを提供するための継続的な取り組みの一環として、今日のモバイル検索結果ページの新しい視覚的更新を明らかにしました。

これは、検索している情報にユーザーを誘導することを目的としています。新しいデザインの変更はWebサイトのブランディングの前面と中心を置きます。

以前の検索結果では、ページタイトルの下にリンクが表示されていました。リンクは常に緑色で表示され、実際のドメイン名を節約するためにWebサイトのブランド設定を反映させることはできませんでした。

Googleは新デザインで、タイトルとリンクを入れ替えました。モバイル検索のページタイトルは、検索結果へのリンクの下に表示されます。そのWebサイトの名前とそのアイコンが結果カードの上部に表示されるため、Webサイトのブランドがより色濃く反映されます。これはユーザーが簡単に結果のページをスキャンして、彼らがよく知っているか、彼らが特に探していたものであるWebサイトのブランドから結果にクリックすることを助けます。

この再設計は最初にモバイルに展開されており、今後数日にわたって全体で使用されます。

https://jp.ubergizmo.com/2019/05/24/9626/

 

 

またこの変更は「スマートフォン版」のみではなく、「ウェブ版」でも実行されるようです。

タイトルとリンクを入れ替え

今回のアップデートでは、「URL」のほうがタイトルよりも上に表示されます。また、検索結果を見ると、数字のような適当なURLは表示されておらず、関連するような内容であればURLが正確に表示されているような気がします。

これまでURLは、SEOに関与しない唯一の場所だと言われてきたのですが、今後はURLにおける書き方にも一応気をつける必要がありそうですね。

ファビコンの表示

ブログにおけるファビコンが必須表示となりました。

これまでも、チラチラとファビコンが表示されたり、されなかったりといったことがありましたが、正式版として現在は表示され続けています。

Wordpressなど、ファビコン(あるいは、無料ブログによってはアイコンといったものになっているかも)を設置しておくというのは非常に重要です。

もし、今後、2年・3年と同じメディアを運用していくならば一層、パッと見ただけで運営者が誰なのか?なんのメディアだったのか?がわかるようなファビコンに変更しておきましょう。

強調スニペット対応(サムネイル編)

サムネイルの表示がちょくちょくされるようになりました。

もし、メタタグでサムネイル表示が設定できていないメディアやテーマをお使いの方であればこの辺りの対応は急いでおきましょう。

https://shikamori-p.com/category/blog/customize/

 

(継続更新)

まとめ

これまで、強調スニペットに関しては知る人ぞ知るようなものでしたが、一般のブロガーレベルでもこういった対応を迫られるようになってきました。

特にファビコンの設定などは、していなかった人にとっては「ええっ!?」という感じですね。

今後は、SNSなどを活用したブランディングがより本格的に重視されそうです。

そのために1年2年と成熟させることのできるキャラクターやブランドを、立ち上げていく必要がありそうですね。

備考

変動に向けてフォローしておいた方がいいアカウントをご紹介します。